• コンテンツ

  • 活動履歴

正規就労者、1名、正式決定しました!

Posted in お知らせ, りじったー on 6月 02, 2014

ノンラベルに親御さんが相談に来られ、その後、本人さんが通所につながれました。
本当に、コツコツ、コツコツとトレーニングを積み重ねられ、6年が経過した昨年の
8月、京都とジョブパークさんへ、障害者枠での正規就労先の相談を始められました。

2ヶ所、会社研修に行かれましたが、つながらず。
「数、重ねよう! 面接も回数こなすのはトレーニング!」と。
不成立になった時も、1日も休まず通所を続けられました。

6年間、それはもう十分なトレーニングをノンラベルで受けて頂いたので自信を持ってください!
あとは企業さんとの相性ですから、と伝え続けました。
いつも笑顔で「はい」と答えて下さってました。

先月(5月)12日から、2週間、京都の大手百貨店に研修に入られました。
仕事は、商品につける値札をPCで作成、印刷、ラミネート加工などなど。
ノンラベルでは、ご注文頂いた「名刺作成、印刷」を担当して頂いてのが
「ものすごく役に立ちました!研修先に就労したい」と言われていました。

そして、先週末、正式決定のお知らせが入りました!

本当に本当に、良かった! 頑張りましたね!!!

お知らせを聞いた時、私、涙が出そうになりました。

で、ASDさんたちは、こういう「涙」の意味がわからないし、そういう涙は出ない、と言われます。

「涙、泣く」は、『悲しい』と言う感情の時の状態で、そういう映画や小説を読むと泣けますが
日常生活で「泣く」と言う事が起こらない私は変なのでしょうか?と先々週、お一人の方から
相談を受けていました。

私はね、悲しい時も泣くけれど、多くは『くやしい』時の方が涙が出るんよ。
また、年のせいか、園児さんが一生懸命走ってる姿を見ただけで、その一生懸命が「けな気」なだけでじわっと涙が出るんよ、と話す私を、ふ~ん。。。と不思議そうな表情で聞いてられました。
このあたり、お互いの脳機能の違い、なんでしょうねぇ。
ASDさんがもっとも理解できないのは 【もらい泣き】 では無いかと思います。

みんなが涙ぐんでいたり、泣いている場面で、
笑ったり、はしゃいだり、しゃべりまくったり、「何を泣いているんですか?」と質問したり・・・
これ、しなければいいんですよ、自分は泣けなくても。

泣きたいと言う感情が湧かないのに、泣こうと努力する必要なし!
そんな自分を変だと思わなくて良し!

「感情」と言う部分に関しては、発達障害の方と定型者とで、脳機能に大きな違いがありそうです。

表情の乏しい人、と発達の人たちは言われるけど・・・・・
ノンラベルの通所者さんたちは、みんな、表情豊かですよー
これも日々のトレーニングの成果と自負しています。

就労先でも、あなたの素敵な笑顔、出してくださいね!
本当に本当におめでとう!!!!!

.